ザ・オプション(the option) バイナリーオプションは為替に影響するの?

バイナリーオプションは為替に影響するの?

結論から始めると、バイナリーオプション取引のあり方によって、為替市場が変わるということはありません。
これを理解するにはそもそも為替市場が何を原因として変化するのかを知る必要があります。
為替相場に影響を与えるものは多数あり一言で述べられる数ではありません。

しかし主たるものとして為替に影響を与える極めて重要なものは7つあると言われています。

1つ目は「国際収支の経営収支」です。
これは為替相場に非常に大きな影響力を持っています。

例えば単純にこの「国際収支の経営収支」のみが為替相場に影響を与えるものと考えると日本の経営収支が黒字の場合、ドルが売られて円が買われるという流れになり、円は強くなって、結果円高になります。逆に日本の経営収支が赤字の場合ドルが買われて円が売られますから円は弱くなり円安となります。

つまり買いたい人の多い通貨は強く、売りたい人の多い通貨は安いということになります。しかし昨今の日本は経営収支が赤字であるにも関わらずひどい円高に悩まされてきました。

これにはその他の様々な要因があるので、このように経営収支が大きな影響力を持ちつつも単純に為替に影響しているとは言えないのが現状です。2つ目に為替へ影響を与える要因となっているのが「物価の安定度」です。

その通貨の国の物価が安定しているかどうかによって為替相場は変動します。

例えば円の場合、日本の物価が安定していなければ円の値打ちは下がり、結果円安となるということです。

物価が安定するということは自国内だけでなく貿易に関して言えば輸出競争力へも影響を与えることになり、結果1つ目に上げた「経営収支」にも影響を与えることにつながるので、この「物価の安定度」は「経営収支」にも密着に影響し合っていると言えるでしょう。

そしてこの二つの要因が基本的に為替相場を決定づける大きな要因だと言われています。しかしその他にも多くの要因が為替相場に影響を与えます。3つ目に影響を与えるものとして「金利差による資本移動」が挙げられます。

これは少し難しい仕組みなのですが、例えばアメリカが経営収支の赤字をカバーするために外国から借金をするとします。そしてお金を貸す側の国はどの通貨で貸したほうが得かを考えます。例えばドルの方が貸した場合の金利が高い場合、ドルをたくさん買ってドルでお金を貸し付けます。

するとアメリカは経営収支が赤字なのにも関わらずドルの需要が高いためにドル高となるのです。このように国が借金するなどの大きなお金が動く時は、為替の値動きに要注意です。

大きなお金が動くということの影響は、経営収支よりも大きな影響を与える場合が多々あるのです。また4つ目として挙げられるのは「アメリカの財政赤字」です。これは前述した例と同じ理屈になりますが、アメリカほどの大きな国が経営赤字になると、赤字をカバーする他国への借金は莫大なものになります。そして先ほどの金利差によってドル高に転じたり、単純に赤字のためにドル安に転じたりします。

しかし経営赤字だとわかった段階で動いても為替相場は既に変動していて間に合いません。ですからアメリカが財政赤字になる要因をいくつか知っておき、事前にドル高またはドル安になるタイミングを予想できることが大切です。よく言われるのは、アメリカの赤字原因の一つとして莫大にかかる軍事資金です。

これに重なって選挙があった場合は、選挙対策で減税を行うことによって赤字がひどくなることもあります。アメリカがこのような理由で赤字になり、国債を大量に発行したとすると低利率では国債が売れないので金利は上昇します。これにより金利差も生まれることとなり、為替相場に大きな影響を与えるのです。

5つ目として挙げられるのが「通貨当局の介入」です。

単独介入の場合はあまり影響はでなくても、協調介入であれば為替相場に大きな影響を与えます。例えば、日米欧の協調介入合意を受けて東京円相場が急落したことは耳に新しいニュースです。前日が76円、介入が発表されてから5円の円安ドル高水準で81円を記録したのですから、侮れない影響力だと言えます。

6つ目に挙げられるのが「通貨心理」です。日本のように比較的通貨が安定している国でもなければ「アメリカのドル」というのは大変魅力的な安定通貨です。日本人が日本円に危機感を持って、何かの時の為にとアメリカドルに変換して貯めている、という話はほとんど聞きませんが、

外国では何かあった時の為にいくらかアメリカドルでお金を貯めておくことは普通にあることです。

これはアメリカが世界一の大国であり、そう簡単に壊滅的な被害を受けてその国がなくなる、ということはまずありえないといいう理由からです。

その為ドル買いは比較的安定して需要があり、ドルの為替相場は他通貨よりも安定しやすい傾向があります。

例えば日本などは北朝鮮がミサイルを発射するなど緊張感が高まると、円が売られたりします。また7つ目に挙げられるのが「通貨連動」です。ある国の通貨がドルに対して高くなったとき、その国と密接な関わりのある国の通貨もドルに対して

高くなるという「ツレ高」や逆の場合の「ツレ安」という現象が起こることも為替相場へ影響を与える一つの要因となります。

上記の7つの項目は比較的重要度の高いとされる為替相場へ影響のある項目であって、その他にも細かなことがたくさん重なって為替相場は動いています。例えば資本が大きく動くようなニュースがあればそれによる影響ももちろん考慮する必要があります。

このように多くの要因によって動く為替相場ですが、どの要因にも共通して言えるのは個人単位のイベントが影響を与えるものではないということです。個人が大きな会社を経営している場合は例外として、個人投資家がバイナリーオプション取引でどちらに投資したか、ということは現時点でほぼ為替相場に影響を与えないと言えます。

しかしここで「現時点で」と言ったのには理由があります。

例えば当初は影響力が軽視されていたFX取引ですが、FX人口が増え、取引が頻繁に行われるようになると、今では大手金融機関のトレーダーを始めアナリストもFXの取引動向に影響力が少なからずあるとして注目しています。将来的にバイナリーオプション取引がもっと盛んになれば、為替相場へも影響力を持つようになってくるかもしれません。


【ザ・オプション期間限定キャンペーン】
「当サイト限定Amazonギフト券プレゼント‼」

当サイトからザオプションへ新規口座開設&初回入金手続き完了で先着20名様に2,000円のAmazonギフト券をもれなくプレゼントします。

受取方法も口座開設後、入金していただけましたら専用フォームで申請するだけです。
是非、この機会に受け取ってください。

※当サイト以外からの口座開設、入金の申請ではAmazonギフト券のプレゼントの対象にはなりませんので、あらかじめご了承ください。※このAmazonプレゼントは当サイト限定の企画なのでお問い合わせはザオプションではなく当サイトにお問い合わせください。

プレゼントお受け取り方法
プレゼントの受取りの流れとしましては当サイトの限定リンクから新規口座開設&入金を当サイトが用意したオリジナルマニュアルに沿って行って頂くだけです。

是非、マニュアルをご覧頂き参考にしてください。


ザ・オプション(The Option)限定リンクはこちら▼

上記のバナー、またはマニュアル内にあるリンクから申し込みください。
また手順は下記のマニュアルを参考にしてください。

※ クリックするとマニュアルが開きますので手順に従い進めてください。

すべての流れが完了しましたら下記にある申請フォームから申請を行って連絡を待つだけです。わからないことがありましたら、お気軽にご質問下さい。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ